スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛犬を守ろう

皆様、もうご存知かと思いますがJAL発表の
特定犬種(フレンチ・ブルドッグおよびブルドッグ)お預かり中止に関するお知らせ

私の個人的見解ですが、かなり疑問に思うこともあります。
お友達のchocolatさんがまとめてくれてます。ぜひ一読を

確かにJALのペットの取り扱いには問題があると思うんです。
じゃなきゃ悲しい事故がおきるハズがない。
一体このような決断に至るまで、何頭のフレンチブル&ブルドッグが
犠牲になったというのでしょうか?
そしてその度に、どのような対応をし改善を試みたのでしょうか?
肝心な所がまったく見えてこない。

そしていつも私が思うのは、愛犬を守れるのは飼い主さんだけですという事。

どうしても色んな事情で、飛行機に乗せる飼い主さんも居るでしょう。
その前に私達も少し勉強しませんか??

まず、飛行機に搭乗する際ですが、愛犬はクレートに入ります。
そして愛犬の乗る貨物室ですが、真っ暗闇でエンジンが近いので
かなりウルサイです。
夏、愛犬を飛行機に乗せる場合はせめて早朝&夜便を選ぼう
クレート慣れ&その中で安心して寝れる訓練をしよう
音などに敏感なコは、獣医さんと相談のうえ精神安定剤を処方してもらうという方法もあります。

そして十分気をつけていても、熱中症になってしまった場合。
空港近くの動物病院を前もって調べておこう
正しい熱中症の応急処置知識を持とう

熱中症の応急処置ですが、以前日記にもupしました。
付け加えるとするならば、熱中症の初期症状で大量のヨダレが出ます。
ヨダレはネバネバして開口呼吸が出来にくくなるので
お水でそっと洗い流してあげた方がいいと思います。
そしてお水ですが、無理やり飲ませるとムセて逆効果となりますので
そっと少しづつ飲ませてあげます。

熱中症は、発症してから20分以内に体温を下げれば、ほぼ助かると
いわれています。初期の対応が肝心です
尚、体温が下がったとしても内臓などがダメージを受けてる可能性も
ありますので必ず獣医さんに診てもらってくださいね。

今年こそ、悲しい事故がおこりませんように…

ガイ坊劇場その2。特にオチは無い。
↓↓★1日ワンクリックでガイ坊を応援してちょ★↓↓
20070701142414.gif

テーマ : フレンチブルドッグ★ライフ
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

ゑ?

フレブルとブルドックだけダメなの????
それも変だね。。。

それって他の犬種には害が少ないって事???

でも。。。環境のあまりよくないところって言うのは
間違いないよね?????

いつかは飛行機旅行って思ってたけど。。。断念だな
時間かかっても車で行こう。。。

うちはてんかんで気圧の変化が心配だから乗せること自体
しないが、どうしてもって人はいるもんね。。
JALの対応が不誠実にしか思えん、、

他の鼻ペチャ犬種は大丈夫なのかしら。。。

P.S
BUHIギリ投稿したのね~♪
ガイ坊 いい顔してたじゃんー

初めまして。。。静岡でブヒちゃん飼ってますしずママと申します

ガイ姉さんのお話。。。目からウロコでした
確かに私達ブヒ飼いも意識を高めるのが必要ですよね。。。
精神安定剤なんて考えもしなかった。。。
応急処置の知識もありがとうございます
不幸な事故で亡くなるブヒちゃんがいない夏でありますように。。。

そうですね

飼い主も勉強して賢くなり自衛しなければ駄目ですね。
それにしても天下のJALも、特定犬種を締め出す方向じゃなくて、安心して預けられる環境を作るように前向きな対応ができなかったのでしょうかね??

何年か前の事、スカンジアナ航空は私が子猫を連れ帰った時に客室に搭乗させてくれました。貨物室だと不安だから…って。

本当ですね。。

私は実家が札幌なので、帰省するときはどうしても飛行機になってしまうんです。
でも事件を知って、(たまたま帰省する日の少し前に事故を知って、予約していた飛行機がたまたまJALでした)JALの飛行機に乗せる前、色々抗議?しました。受付の人に言った所でどうにもならないのですが。。せめてと思い、春・秋の気温が少し寒いくらいの時期を選んで帰っていました。それでも怖くて、可能な時は横浜から車⇒船⇒車で2日かけて行った事もあります。。
1日に1便でも、一緒に乗れる便を作るとか、そういうことって出来なかったのかな~って思います。国際線は乗せれるみたいなので。
フレンチとブルドッグ以外のワンちゃんだって熱中症などは同じように危険なはずだと思うんですがね。。
事故を防ぐ為にもう乗せないって言う決断。安易な感じがします。
どうしても飛行機を利用したい方はどうすれば良いのでしょうね。JAL以外でってことなんでしょうかね。何だか納得できないですね。

ガイ姉さん初めまして!
しゅうまいと言います。我が家には3ブヒおります
ガイ姉さんのおっしゃる通り、ブヒ飼いの意識を高めるのが重要と考えます
だって航空社員(主に貨物室担当)が犬好きとは限りませんし
ブヒ飼いの意識を高める事によって、救えるかもしれない命もあるかもしれませんし

ブヒ飼いの皆さんに知ってほしいのは、想像よりフレブルが暑さに弱い犬種だってこと
うちの仔に限って...は無いですよ!絶対に!

私はブログをしてませんが........
熱中症で愛すべきワンコを失った一人です

飛行機も危険は伴うと思いますが
日常でも危険は伴います
暑さに関しては過保護すぎてもいいと思います
気温より湿度に注意ですよ......皆さん
時が戻ることはありません
その一瞬を精一杯生きるだけです
少々過保護でも、暑さに関してはいいのでは......と思ってます

>ピースママさん
そうなのー。フレブルとブルドッグのみなんですー。
鼻ぺちゃは特に暑さに弱いからさ…。
飛行機内でのワンコの環境は良くはありません。
飼い主さんと離され、真っ暗な場所に連れて行かれ、轟音…。
温度は客室内と同じって言われてるけど、貨物室に入れられるまで
もしかしたら炎天下にさらされてるのかもデス。

>YAZAWAさん
そうねー、薬を飲んでるとしても怖い。
私はガイ坊のてんかん発作前に1度乗せた…(汗)ANA&秋だが
もう飛行中は心配で心配で、着陸してダッシュでガイ坊の元に行ったね。
あれは飼い主の心臓にも悪い。
お金がかかっても、これからは地上移動かな…。

>しずママさん
初めまして!コメントありがとーーです。
精神安定剤は数種類あるそうなので、ブヒちゃんの性格など獣医さんに
きちっと説明して、本当に必要かどうか判断してくださいね。
熱中症だけじゃないけど、色んな応急処置を知っていた方が
イザッ!って時に役に立ちます。

実はガイ姉、今愛玩動物救命士の勉強中でございます。
何処まで自分のものに出来るか、頑張りまっす!!

>rikoさん
状況を改善するより、排除した方が楽ですからねー。
そういう会社なのでしょうね。他の犬種が心配です。

海外の方が、ペットに対して寛大ですよね。
そうなるよう、私達ペット飼いもマナーの向上を心がけないとですね!

>J&Hママさん
どうしても帰省とかで、使わざるおえない時ってありますよね…。
1日に1便…そうなるとペット飼いとしては嬉しいのですねー!
せめて昔の禁煙席部分だけのスペースでも!って感じですよね。

これで鼻ぺちゃ飼ってる人は当然JAL以外に集中しますから
なんだか責任丸投げ~~って感じもします。
ああぁぁぁ…私がJALの社長ならばなーーー!!!(っていうかありえない~)

>しゅうまいさん
初めまして。コメントありがとーーです。
うわ~3ブヒちゃんですか☆羨ましいです♪♪
貨物室担当というのは、荷物を貨物室に運ぶ人のことですか?
そうですね、その人が犬好きだったら気にかけてくれるでしょうけど
犬嫌いの人なら、もしかしたら犬が暑さに弱いって知らない可能性もありますもんね!?

毎年、熱中症で亡くなった話を聞きます。(飛行機以外で)
今年こそはそんな事故がありませんようにって願うばかりです。

>こえださん
初めまして!コメントありがとうです!

そうですか…熱中症で亡くなったのですね。
毎年そのようなお話を耳にします。どういった状況だったのか分かりませんが
まだまだ生きられた命…残念に思います。

湿度、これは本当にやっかいです。湿度が高い日はせめて空気の循環を
良くしないと、気温が低くても心配です(夏季)
でもあまり暑さに敏感になり、夏はお散歩少なめとかにしてると
暑さの免疫が弱って、さらに弱くなってしまうような気がします。
なので夏でも、温度が下がった時間に毎日お散歩には行くようにしてます。
カウンター
無料カウンター中古バイク
ガイ坊が産まれて
裏NICE GUY☆
プロフィール

ガイ姉

  • Author:ガイ姉
  • ★ガイ姉の紹介★
    1976/5/28生まれ。
    ついに三十路!
    これから腐敗していく一方!
    アンチエイジングにハマッてます!
    ギャンブル&タバコは興味無し。
    しかしお酒は大大好きー。
    趣味はガイ坊と遊ぶこと♪
    ガイ姉にメールはこちら↓
    guyguy4649@yahoo.co.jp

    ★ガイ坊の紹介★
    2003/8/7生まれ(タマ無し♂)
    体重11.5キロ
    かなりのまったり&地蔵犬。
    ドッグランでもランしない犬として有名。
    趣味はガイ姉のストーカー!!
    自称フレブル界のタッキー♪

    ★ボアの紹介★
    2006/8/4生まれ(タマ無し♂)
    体重10キロジャスト
    ガイ姉&ガイ坊が実家を出てから
    実家で飼われたワンコ。
    しかし出戻ってきたガイ姉&ガイ坊
    コンビを快く迎えてくれた。
    日々ガイ坊と、ガイ姉の取り合いをする。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。